みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
引っ越し先: https://www.mrrhp.com
| カテゴリ:みろりHP |
みろりHP引っ越しプロジェクト完了


さて2月末には公開できているのか、はたまたまた進捗記事を書いているのか。
(みろりHP引っ越し進捗より)

できたぜ! ここ( http://guild-elf.jugem.jp/ )から、ここ( https://www.mrrhp.com/ )へ。






これまでと違うこと

  • トップページがある

これはなくてもよかったかもなーと思わなくもないんだけれど、まあ一度はこういう感じにしてみたかったよね。一応「ひらいた瞬間最新記事があるのがよかった」ときのため最新記事を表示するページも設けてある。


  • サイドバーの機能はぜんぶヘッダのバーに集約

長いこと、サイドバーいらなくね? って思っていたのだ。


  • 次の記事、前の記事へは右下のボタンから飛べる

前のデザインは記事をさかのぼりづらいんじゃねーかなと思っていたので、こういう感じにしてみた。ぼくが過去記事を見るときは、いつもタグ一覧とか年月一覧を使うけれども。


  • スマホに対応

絶対ほしかったやつ。


  • ちょっと重い

いやー。今回はサーバがアメリカにあるので、読み込みが遅い。


  • コメント機能なし

なくしちゃった。最近はあんまりコメントがなくなったし、いいかなって。コメントはぜひともツイッターでくれ。だけれどちょっとがんばって、過去のコメントは全部持ってきてあるぜ。ぼくらの黒歴史はなくならない!




前回のブログがレンタルブログで、ぼくがすることは記事を書くだけだったのに対し、今回はブログそのものから作成した。今回は引っ越しの報告なんで詳しくはまた別の記事で書こうと思っている。引っ越しにかまかけてまる2月ほどほとんどみろりHPを書いていなかったからなー、書くことがたまっているぜ。

大雑把に開発の概要だけ記しておくとこんな感じ。


  • 言語: Python
  • ウェブフレームワーク: Django
  • プロジェクト管理: Git, GitLab
  • サーバ: Heroku



反省点

粗はある。重いとことかね。これはホントになんとかしたかった。もっと軽いデザインを使ったり、1ページあたりの画像数を減らしたりしてさ。でもぼくは完璧を目指すことより、キリのよいところで公開することを選びたい。まあ継続していろいろいじっていこうと思っているから、意見とかくれたらうれしいよ。

公開することを選びたいっていうか正直なところ肩の荷が下りた気分だ……。これまでの開発歴でも、3〜4ヶ月おなじことをやり続けたのは初めて。



そんなわけでこれにて、jugemブログのほうを更新するのは終了とする。10年以上世話になった。おつかれさん。おやすみみるく♪



| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
みろりHP引っ越し進捗


困難を極めているみろりHP引っ越しプロジェクト。ぱそこに向かっている時間はほぼこれにかかずらっているのにも関わらずいまだ公開にはいたらず、ほんで今月のみろりHP更新も滞っている現状だ。とはいえサーバとかイチからのウェブサイトづくりを楽しんでいるぜ。進捗をちょいと残しておく。



進捗といってもやることが広すぎて、タスクを整理しても整理しても細々と違う問題が湧き出してくる始末だ。それでもざっくりとまとめてみるとこんな感じ。

やること 進捗
何使って作るか決める Python Django にした。
サイトデザイン作る 完了。
記事のアップロード機能 完了。
過去記事の移植 半分くらい完了。
登録した記事を表示 進行中。
サーバ用意 よくわからん。
独自ドメイン取得 よくわからん。


気分を上げるためにデザインは最初に取り掛かった。CSS がむつかしい。サイトデザインについては現在のみろりHPへの不満を全部解消しようと試みてる。

  • 次の記事へめっちゃ行きづらい。
  • サイドバーはジャマ。
  • スマホに対応してない。

そんなわけで引越し先では、次の記事、前の記事へは常に右下に表示される矢印ボタンで移動できるようにしようかなと。そしてサイドバーの機能はヘッダのバーに集約してみる。そして CSS をレスポンシブにしてスマホ対応してみた。現在のサイトはスマホでほんと見づらいよなー。

正味な話ブログを読むためのサイトという観点では要らないものなのだけど、トップページはちょっと憧れてたから導入してみるぜ。ブログ・サイトであるという点では現在のサイトのようにトップページ = 最新記事というのが正しい気がする。



記事のアップロードにはちょっとこだわりを発揮してみた。これまでのレンタルブログではウェブの管理画面上から HTML で記事を作成していたけれど、今回は自分のぱそこで Markdown で書いた記事をそのままデータベースに登録する方法をとる。

ようはもう HTML を書くのはイヤなんだよな! でもまあ結局ウェブで公開するには HTML にする必要があるので、それは MD->HTML の変換を行う。このへんが時間かかってなあ。それと既存の記事を移植したかったから、既存記事のMarkdown化にも挑戦した。が、それは断念。これまでぼくが書いていたHTMLは構造がめちゃめちゃすぎてとても変換できん。既存記事は、そのままのHTMLで引越し先でも公開するつもり。



これまで手動で更新していたカテゴリごとの記事タイトル一覧とか、年月単位でのタイトル一覧とかも勿論自動化するぜ。そのへんはいいとして、サーバまわりがまだよくわかんないんだよねー。さて2月末には公開できているのか、はたまたまた進捗記事を書いているのか。

| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
Mac と旅する3年目


Macbook ユーザ3年目だ。


  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • プロセッサ 2.9GHz Intel Core i5
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 256GB
  • モデル一覧でいうと MacBookPro13,2 のやつかな。

ひょんなことから手に入れて、すごく気に入ってよく持ち歩いている。macOS にも慣れた。それに仲間が最近 Mac が気になっているという。2年連れ添ったこのぱそこの使用感について書くぜ。




ラップトップのある生活はすっごく快適。

緑さんはデスクトップユーザだったのだが、コイツと2年旅をし今のぼくは完全にラップトップ党だぜ。持ち運べるってええな。旅行とか、外に持っていけるのもそうだけれど、宅飲みのときリビングに持っていくとか、そういう小さい距離単位でのポータブルさが快適。


緑さんはもちろんステッカーとかべたべた貼りたくなるタイプだけれど、まだあんまりハデにしていない。現在のこれは友だちとご飯食べながら作ったマスキングテープの貼り絵。これはこれで好き。





Mac はいいぞ。

操作自体が快い。動作が軽快で、いろんなウィンドウがするすると動く。ウィンドウやボタンが曲線的で、リラックスした気持ちになれる。そういったフワッとしたところだけじゃなくて、具体的に挙げられるところもあるぜ。ぼくが Mac で気に入っていて、そして、ぜひ気に入ってほしいところをほんの少し並べてみる。


  • 仮想デスクトップごとに違う壁紙。(すごくいい)
  • 仮想デスクトップ間をショートカット一発で行き来できる。(すごくいい)
  • ウィンドウ移動のショートカットが、アプリ間、同アプリウィンドウ間で分かれてる。(すごくいい)
  • Finder の使用感。(上下左右に移動できるのが特に好き)
  • ファイルをスペースキーでアプリを使うことなく閲覧できる。(すごくいい)
  • ウィンドウの名前を右クリックで階層移動できる。(すごくいい)
  • 最大化したウィンドウの端をマウスでつかめてサイズ調整できる。(地味にいい)
  • ショートカットのおかげで基本的にファンクションキーへ手を伸ばさなくていい。(地味にいい)
  • ファイル名変更で「エンター、右キー」を押すとカーソルがドットの手前になる。(地味にいい)
  • Windows Update がない。(すごくいい)

すごくいい。てか Windows より動作速くね?




Windows から乗り換えると操作性の面で確実に苦労するけれど、最終的にはちょー快適になるから信じておけ。

Mac に移って慣れるまでに、何度かこいつを叩き割って Windows に戻ろうかと思った瞬間が存在する。


  • キー配列の違い。
  • ショートカットの違い。
  • いい代替アプリが見つからない。
  • Macbook 自体の問題。

まあいつかは全部解決するから気長にな。大方はググればサクッと解決するけれど、最後のは曲者。ぼくが使い始めたころは USB3.0 をつなぐと WIFI が切れるとかふざけた不具合があったな。USB-C にしか対応していないのも特筆事項かな? 変換器を選ぶのにちょっと時間を食ってしまうかもしれない。



ぼくのは純正品。高いけど。




たかい。

高いよねー。


ところでぼくのは Pro だからカラバリが2個しかねーんだが、Macbook ならカラバリが4種類あってカワイイ。ピンクがよかったなー。




タッチバーは、いや、あるから使ってるけど。

指紋認証と音量調節、画面の明るさ調整、スリープに使ってる。だけどそれはFunctionキーがねーから使ってるだけでやっぱりタッチバーはなくてもいいよ。ただ指紋認証は好き。親愛なるルームメイト全員分登録してあり、宅飲み時に「ちょっと(スリープ解除して)ぱそこで音楽かけてー」とか簡単にできる。




そんなわけで今後も Mac から離れることは、今のところ考えられないかなー。



| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
2018年総集編



今年はずっと、親愛なるルームメイトたちと宅飲みしてた気がするな。




★2018年アーカイブ★

ゲーム
★ゲームアーカイブ★
3本しか遊んでいない……だと? 全然ゲームしてないじゃん。一体何をしていたんだ、今年は? フリーゲームをひとつも遊んでいないのは初なんじゃねーかな。
ダークソウルも Stardew Valley も楽しめたよ。DQ11も楽しめているから、クリアできそうだ。

読書
★感想文アーカイブ★
9冊か。読書の習慣は完全になくなったと言ってよいな。だけどそれでいいんだ。やりたいときにやればそれでいいのさ。親愛なるルームメイトと、野宿旅がそう教えてくれた。
印象深いのは、かつて住んでいた町が舞台になっている宮沢章夫『不在』と、野宿旅の最中に読んだ村上春樹『騎士団長殺し』かな。どちらも隠喩に満ちた作品だ。比喩とはそもそも、現実にあるものを他の何かで表現する技術だ。だけどあまりにも隠喩にみちみちたこれらの作品はぼくらに、そもそも現実が何かの比喩なんじゃないかと思わせる。その感覚が好きなんだよねー。

プログラミング
★プログラミングアーカイブ★
こちらの記事も読書とおなじくだいぶ数が減ったようだ。いくつかのプログラミング問題と、iOSアプリ制作だけ。でも実は裏では結構みろりHP引っ越しの作業を結構やっているんだ。

みろりHP引っ越しプロジェクト
これがむつかしくてさー! いまはブログ記事をHTMLで書いて、それをポチッと投稿するだけだ。だけど引っ越しをしようと思うと、サーバを用意とか、ウェブフレームワークとか、ブログのデザインとか、独自ドメイン取得とかが必要だ。
もっとよいブログサービスを探してこれまで通りちゃちゃっと投稿することもできる。だけどいつかはサーバとか自分自身でいじってみたかったし、よい機会かなと。でもマジでよくわからんので時間かかりそう……。
また、ウェブフレームワークとかイチからやらなくても有名なブログフレームワーク WordPress を使えばもっとサクッとできるかもしれない。でも WordPress は Python ではなくて PHP だからさあ。Python 好きだから、今回は Django を使うことを考えている。
いろいろ引っ越しに際して学んだノートは書き溜めているので、めどがついたらアップしていくつもり。

アコギ
★アコギアーカイブ★
はいやってません。今年の初頭にすこしむつかしいアルペジオをやって以来やっていない。
まあ、やりたいときにやればいいのさ。たまーに宅飲みのとき、親愛なるルームメイトに弾き語りをきいてもらったりはしている。

運動
野宿旅にでるときジム通いをヤメた。増えた筋肉と体重は、もとに戻った(体重5キロ増えた体重5キロ減った)。ジム通いには結構満足している。やろうと思えばいくらでもトレーニングを継続できるということがわかった。
それと同時にわかったのが、ぼくは身体の悲鳴を無視しがちだということだ。ぼくはトレーニングをいくらでも継続できる。今日は行くのサボっちゃおうかなーとか、まったく思わないことができる。そうしてジムに通っているあいだ、めちゃめちゃ風邪ひいたんだよ。
ジムやめたらまったく調子を崩さなくなった。おそらくぼくは、身体の不調を無視してトレーニングをしていたのだろう。
トレーニングとは痛みに耐える遊びだ。だけれどより適切にいえば、痛みに適切に耐える遊びなのだろう。ぼくにはその加減がわからないみたいだ。ジム通いに向いていると同時に、ジム通いに向いていない。もうヤメとこう。
でも楽しいんだよなージム!!

野宿旅
野宿旅を一ヶ月おこなった。それで主に思ったことは、ぼくはもう旅を必要としていない、ということだったわけで、それはもう記事に書いた。
ただもうひとつ考えたことがある。ぼくは一度にいろんなことをやるのに向いていないということだ。これまでぼくは毎日たくさんの趣味を行っていた。ゲームして、ギターを弾き、読書して、プログラミングして、料理をして、ジムでウェイトを上げていた。ツライけど、ツラさは無視した。そりゃ当然ツライけど、ツラさに耐えなきゃどこへも行けはしないだろうと思った。だけど向いてない。ってことは、どこかへ行くのが向いてないってことなのさ。そんなふうに、気楽に思うようになった。
きっとそういうわけで、今年はゲームが減り、読書が減り、プログラミングが減り、アコギが減ったのだろうと思う。

そのほか
★みろりHPアーカイブ★
ウェルに教えてもらった、ナポリの男たちの動画をよく観てる。グループ実況も楽しいし、個人実況では蘭たんも笑わせてくれるがshu3がすごい。お気に入り。ゼノギのやべー奴。
お絵かきはあんまりしていないけれど、先日レーザー加工で遊ぶ機会を得たときにすこしかいたな。あれは楽しめた。



今年も、自分で考えて、自分の脚で歩き、変化をおそれない例年通りの年となった。来年も同じように非の打ち所のない年となるだろう。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
コースターをレーザー加工



こんなん作った。

ぼくが書いた絵を、知人がレーザー加工機でコルクコースターに描画している。



下書き。


経過。


完成。




レーザー加工の描画はなかなか自分の趣味と合っている。知人が加工機を持っているのをみて、即、絵をかいて加工をお願いしてしまったぜ。

これは当然、親愛なるルームメイトとのおそろいアイテムのために作ったものだ。そしたら
「服ださくね?!」
「なんで北斎w」
と服のデザインに酷評で笑った。こんなところにも緑のファッションセンスのやばさが滲み出てしまうとは。アイテム自体は喜んでもらえたけどな。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
英語の勉強 伊藤和夫『英文解釈教室 基礎編』 おわり



伊藤和夫『英文解釈教室 基礎編』を終わらせた。

一周目でバコバコ間違えて、二周目で間違えなくなって、おしまい。

記録は GitLab につけてる。


この本で獲得したこと、ぼくが知らんかったことを箇条書きにまとめてみる。この本のエッセンスだ。
no more than, nothing but, only は同義である。
at times sometimes と同義。
as には when や while の意味もある。
, imaging that 想像しながら みたいな意味。
when at home この節の主語が主節の主語と同じで動詞が be のとき主語と be を省略できる。いやこんなん普通に喋ってるけど、こういうルールにもとづいてたんだなーと感心した。
would do used to do と同義。
by all means ぜひともって意味。
sun rises well 陽が高くのぼる。
but の用法。 But for your help, I couldnt do it. これだと without と同義。
but の用法。 Camels carried but 500 works. これだと only と同義。
They fought their way free 以下の複数の文法の合成品。この本の中ボス。
  • make way には進むという意味がある。
  • make を他の言葉に変えると、進む手段を表す。 fight way(戦って進んだ)。
  • 完結してる文に形容詞をくっつけると、そのときの状態を表す。
  • He died poor(貧しい状態で死んだ)。 fought way free(戦って進んで自由になった)。
so ラスボス。
  • so that there would be 4(4人になるように) 目的を表す。
  • so changed as to produce(生むように変わった) 後の文を受ける。
  • so well illustrated, that you had to buy(めっちゃイラスト綺麗だったから買っちゃった) 理由と結果を表す。

so さんの振る舞いが自由すぎる。



あと前回書いたように発音の練習もしてる。録音を友だちに聞いてもらって感想をもらったりして、すこしずつ改良してる。ぼくのダメなとこは、発音が全体的に平坦になりがちなところみたいだ。友だちには「英語喋るのに飽きてるみたいにきこえる」と言われた。たぶんこれがぼくの発音が日本人的と言われるところだろう。
これも記録は GitLab につけている。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
冬の鍋



冬の旬野菜は白い野菜、と知人に教わった。カブとか白菜とかネギね。

旬野菜に栄養が詰まっているのはわかっているけれど、そればかり食べていていいのか? という疑問をぼくはずっともっていた。だって栄養が偏りそうじゃない? ってね。いいんだってさ。考えてみれば気候を無視した食材まで食べなければ健康が維持できないなんてこと、生物としてあるわけないよな。一物全体の考え方からいってもぼくの疑問は杞憂だったようだ。



それを聞いて安心したので、毎日鍋でネギと白菜をふんだんに摂っている。毎日つくるものが決まっているとラクでよい。

小さい鍋に野菜とお肉を積層させていく。水をちょっと入れる。蓋してそのまま弱火で熱する。

蒸されてこうなる。

醤油とかポン酢につけて適当にたべる。


野菜は新聞紙に巻いて袋にいれて、冷蔵庫にいれておく。



余談だけれど親愛なるルームメイトは肉を入れないらしい。「あったら食べるけど別にいらないな」とのこと。醤油も使わない。出汁の味で十分みたいだ。やだ、男らしい。なんか修行とかされている方ですか?


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
英語を勉強しはじめる



英語の勉強をはじめてみた。

勉強につかっているものは以下。


動機としては、上達度外視の趣味というよりは明確にレベルアップをめざしてる。というのも友だちと英語で喋っていたら、それをみた日本人が「きみの英語って、やっぱり日本人の発音って感じなんだね」と指摘したのだ。へー! と目を丸くした。そうなのかー。そこで上述のバイリンガルニュースの内容を自分で読んで録音して聞いてみると、ほうほうなるほど〜これはひどい、と気づいた。そこで発音練習をはじめてみたってわけ。

それで Podcast の内容を聞いてみるのだが、結構わかんねえ。ついでに Youtube に上がっている TOEIC のリーディング問題をやってみたら、結構わかんねえ。なんというか、普段英語を読み書き、会話しているとき、かなりアバウトに内容を理解していたんだなと思った。そこで『英文解釈教室』を購入してみたぜ。これはかなり難しいと評判だったんだけれど、ちょっと喋れるんやし大丈夫だろー! とちょっとうぬぼれて始めてみたらまあ結構わかんねえ
しかもぼくが購入した『基礎編』は『英文解釈教室』三部作のまんなかで、さらにもう1ランク上があるそうだ。これはちょっと楽しくなってきた。それが全部終わったとき、ぼくの英語はどんなことになってしまうのだろうか。



勉強の記録は GitLab に付けてる。

| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
体重5キロ減った話



一年と半年前、体重59の筋肉量50。
半年前、体重65の筋肉量53。
いま、体重59の筋肉量51。

というわけで元に戻った。やっぱり体脂肪率が10%をきると、身体が軽い感じがする。



以前の記事に書いたけれど、体重を増やしたのは意図的なものだ。ジムに通うことになったので、せっかくだからムキムキになってみようと思って。体型もしっかり変わった。もうジムはやめた。意図して体型を変えることができることがわかったので、十分だ。というわけでがんばって食事をするのもやめた。ふつうの、自然な生活にもどった。
そしたらガンガン体重は落ちていって、ジムに通う前の状態に戻っちまった。わかったよ、この体型がぼくにとって一番ナチュラルということだ。ぴったり同じ体重というのが面白い。



自然な生活というのは、腹が減ったときに食べ、身体に締まりがほしいとき筋トレをすることだ。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
野宿旅




今回の野宿旅は、ほぼ一ヶ月おこなった。
走行距離: 3618km
ガソリン: 48.5L
ガソリン代: 7250円

食費: 7952円
佐渡ヶ島往復代: おおよそ12000円



昔は、もっとずっと長いこと野宿旅をした。そのころのことはホームレス旅と呼んでる。以前旅をしたのは、そうするしかないと思っていたからだ。当時ぼくは深く傷つき、社会のなかに居場所を見出さなかった。だからホームレス旅をするのはしごく当然のことだった。洪水で巣が沈んだとき、蟻が引っ越しをするのと同じように。

周囲の人々は口をそろえて言う。「よい経験をしたね」「若いうちは何でもできるね」。くそくらえである。ぼくは生きていただけだ。いたって自然に。

ただし「若いうちは」というのは確かに気になった。年の影響は確かに、物理的に存在するはずだ。胸をはってくそくらえと言うためには、今のぼくにそれができることを確認せねばなるまい。今回ふたたび旅をしたのは、今のぼくにも旅ができるのか確認するためだ。

野宿旅をするうちに、「できる」と確信した。むしろ昔より今のほうが知識があり、ラクに野宿旅ができた。だが同時に、今のぼくは昔ほど旅を求めているわけではないことにも気がついた。ようは、社会の中にあるていど居場所を見出しているということだ。友達がいて、親愛なるルームメイトがいる。それを受け入れる心の余裕がある。今のぼくには、旅をする充分な理由がない。ぼくを駆り立てるものはもうない。

それっぽっちのことを知るために、一ヶ月もかけた。





ところで今回、会いたかった人々をいくらか訪ねた。きずくさんとか、ぴあのとか、ひよさんとか。

きずくさんの逆立ちを生で拝見。半農半Xの畑も案内してもらえた。


ぴあのはネットとリアルで性格が変わらない奴だった。(しってた)


ひよさんは昔と変わらなかった。ああ、彼らと食事するのに使ったお金は冒頭のアレには計上してない。



雨が好きだ。雨中の野宿はそれなりに大変だ。

だけれど、その夜をこえ、朝目覚めたとき、自分の能力が実感できる。大なり小なり、野宿は大変だ。そのぶん、夜をひとつこえるたびに、自分のなかに何かが溜まる。経験値とか自信とか、そういう重さをもった何かが溜まっていく。肉体と精神が強くなり、独立した個体になっていく。ぼくの野宿旅の素敵なところはきっとそういうところだ。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ 年月選択
  • 2019年 02月 (1)
  • 2019年 01月 (2)
  • 2018年 12月 (6)
  • 2018年 11月 (6)
  • 2018年 10月 (3)
  • 2018年 09月 (8)
  • 2018年 08月 (4)
  • 2018年 07月 (6)
  • 2018年 06月 (5)
  • 2018年 05月 (4)
  • 2018年 04月 (7)
  • 2018年 03月 (6)
  • 2018年 02月 (6)
  • 2018年 01月 (8)
  • 2017年 12月 (9)
  • 2017年 11月 (9)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (10)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2007年 03月 (1)
  • 2006年 01月 (21)
  • + カテゴリ
    + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…