みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< 突然の数学 | main | 文学はメタファーである2 >>
| カテゴリ:ゲーム |
カムイコタン ED3つまで


フリーゲーム「カムイコタン」。製作者さんサイトはこちら
モンスターがばりばり湧き出してくるんで、メガテン的マシンでモンスターを使役してダンジョンに繰り出し原因を突き止めよう。レッツゴー。みたいなお話。
EDを3つ観たところで感想やらなにやら。ネタバレ全開なので注意。



カジノはコインの減らない code breaker で資本金を稼ぎ、Keno で一山あてる感じで攻めてみた。んで手に入れた武器シリーズは尽くFFシリーズの呪い装備みたいな代物で(攻撃力が激烈に上がり他がだだ下がりする)少々がっくりきたが、これって序盤はラクできるけど途中からキツくなってくる性能なのよな。なるほどなーうまいなーと思った。

ルート選択は、データセンター派→魔女派→全員まとめてかかってこいや派、の順番だった。難易度的にみて順当なところだったと思う。EDはみっつのはずなのでこれで全部観たことになるのだが、結局モンスター生産の真意は明かされなかったし、魔女派ルートで車椅子の野郎を殺した奴の正体も不明。そこらへんをちと以下で考察してみる。


多分ハナシの流れはこう。

改造人間作成計画スタート。
陽王と雪姫、研究所から逃走し子を儲ける。
センター「やばい! でも雪姫を捕らえたから、残りの連中も投降するだろ」
投降どころか各地に散って何か企んでる模様。しかも雪姫は不死なので地下に閉じ込めるしかない(あるいは価値があるから残しておきたかったのかもしれね)。
センター、魔女の一派をどうにかするため、一般の冒険者(主人公含む)を利用することにする。が、冒険者を魔女たちにけしかける口実がないので、モンスターを野に放ち、それをやっつけるのを大義名分とする。

というわけでセンターの連中がやたら「人類の未来ガー」と言っていたのは完全にブラフ。あと車椅子の野郎にトドメを刺した奴についてだが、これは多分あの神様じゃないかなーと思う。三番目の皆殺しルートではトドメが飛んでこなかったのが根拠。


全体的な雰囲気といい、魔女さんたちのキャラといい、あっさりしたエンディングといい、なかなかに好みだった。あと二周目以降のユーザビリティが秀逸。やっぱりwiz系3Dダンジョンは良い。それを再確認できたゲーム。


| 緑色 | ゲーム | comments(0) |
| カテゴリ:- |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 09月 (3)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2006年 01月 (20)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…