みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< 長尾達也『小論文を学ぶ』 | main | 夏目漱石『三四郎』 >>
| カテゴリ:感想文 |
夏目漱石『坑夫』


前回の強敵を読了したので、さっそく楽しい小説に入った。サマリと感想を書く。

ボンボンの19歳が儲け主義の社会にうんざりして、人のいないところへ行きたい、むしろそのまま死んでもいいや、とか言いながら松原(ちょろと調べた限りでは日本大学のそばみたい)をうろついてるところからお話はスタート。そこでキモいおっさんにつかまり、坑夫にならんかとスカウトされる。坑夫なんて最下層の仕事だが、死を覚悟している身であるから、暗い坑の中での陰気な仕事というのは自分の天職じゃねーかなと感じてホイホイついていく。
おっさんについて銅山に到着し、そこで坑夫たちと会うのだが、ひょろくて働いたこともない世間知らずだからナメられるわバカにされるわすげえことになる。「早くけえれ」。そして飯は南京米。クソまずい。寝ればトコジラミに食われる。嫌すぎる。
まあそれで実際に坑に入って性悪の坑夫に会って辛い思いをして「やっぱ坑夫はやめて華厳の滝に飛び込んで華々しく死ぬか」と決心したり、偶然性根のすげえ良い坑夫さんに会って「僕もこんな坑夫になりたいな」と決心したりさんざん付和雷同をやりつつ、結局は坑夫にはなれないことになる。これは気管支炎持ちだったからで、別にかれのせいというわけじゃない。でも飯場の帳付として五ヶ月働き、そして散々嫌だ嫌だと言っていた東京に帰った。おしまい。


前回の小説から随分間が空き俺も忘れかけてたが、文学はメタファーである。『坑夫』の物語は何をメタフォライズしているのか考えてく。結論としては、なんというか平凡だけど「自分探し」じゃないか? 自分探しってのは言い方をかえると生き方探しになる。儲け主義の社会、実家のごたごた、許嫁との関係、嫌気がさして出奔したが、これまでとは180度違う環境の銅山で過ごして「やっぱ僕はあっちだわ」ってなった。そんな話じゃないかねえ。この仮説が信憑性をもつには、何が「あっちだわ」と思わせたかを考えないといけないんだけど、それはあとにまわす。
この話を読んでて思ったのは、この青年、頭がノロすぎる。何かあるたびに考えを変える。半刻の間に「生きたい」「死にたい」すら変わる。こ、これは友達になれんわ、と思った。この一貫性のない右往左往について本文では「矛盾でも何でも、魂の持前だから存外自然に行われるものである」と説明している。これを読んだときには、あ、これまさに(前回の読書で学んだ)「物心二元論」の影響を受けた考え方だ、と頷いた。ちゃんと読書が身についてるな、とちょっと嬉しくなった。
閑話休題、そういうわけで心が死と生を彷徨った経験をした青年は自分が気管支炎持ちであることを知ってついに虚無主義みたいなものに目覚める(すべてのものに価値なんてない、みたいなもの)。いやこれもまたラッコの皮みたいな変化で、ホント影響されやすいなこいつ、とクスリときてしまったが。まあ、これが転機となって元いた世界の儲け主義、ごたごた、人間関係を新しい視点で見なおせたんじゃないかな。路傍の美しいタンポポの色が取るに足らないものに見え、あんなにムカついた坑夫の意地悪な顔がただの土人形に見えたというのだから、実家のごたごただって大したことないものに感じられたことだろう。今日我慢ならなかったものが一晩寝たらどうでもよくなってた、なんてよくある話だ。
この新しい価値観を、かれは、五ヶ月の銅山生活で自分なりに体系づけて固めて、もとの生活に戻った(生き方を見つけた)というのが俺の結論である。これが上で濁した「あっちだわ」と思わせたものだ。ちなみにこの説でいくと銅山に残る道もあったはずであるが、これは、当然のことながら街での生活のほうがラクだってことだろう。これはこの話で、会う奴会う奴が何遍も何遍も言ってくることである。「悪い事は云わねえから帰れ」と。それをしなかったのは実家のごたごたが嫌だったからであり、新しい価値観でその「嫌さ」がなくなったら、そりゃあ帰らない理由がないってものである。

というわけでこの話から得られる教訓は、ヤなことあったら環境かえてみ、ってとこかな。


この小説は1910年くらいのものだけど、そんなに読みづらくなかった。川端康成がヤバすぎたんだな。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:- |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 05月 (6)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…