みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< Python pygame習作 dialog play | main | 運動の習慣化 >>
| カテゴリ:プログラミング |
Python pygameスクリプトのexe化


先日のdialog playにさらに手を加えて、以前プレイしたTRPGのリプレイをノベルゲーム風に仕立てあげてみた。


先回と違うのは
  • オープニング画面がある
  • ちょっとしたアニメーションがついてる
  • セーブ&ロード
  • といったところで大したことはないんだけれど、ひとまずGUIに画面を描画するシステムについてはだいたい理解できたと思う。


    pygameをcx_Freezeでexe化するとき、うまくいかないことがあるようだ。いまだによく分かってはいないのだけれど、今回のスクリプトでの手順を書いておく。
      1. スクリプトに import re を足す
      3. 完成物に外部ファイルは含まれておらんので画像ファイルとかフォントファイルを同梱する
      4. oggファイルを使用している場合、 Python34¥Lib¥site-packages¥pygame に入ってる libogg.dll, libvorbis.dll, libvorbisfile.dll のみっつを加えて同梱する
    これで他の人に配布できるようにまでは漕ぎ着けられた。もともとcx_Freezeではoggファイルを読み込む実行ファイルが作れないようなのだが、上記のみっつの拡張機能を加えればオーケーだ。stackoverflowにあった情報だが、いや、これを発見した人はスゴいと思うぜ。質問投げたはいいものの結局自己解決したようなんだけれど、それでもきちっと解決法を記してくれており多謝だ。厄介だったのは1.と4.だが、なんだかpygameのexe化に関する情報って日本語のページがあんまり無いのよな。ひいこら言いながら英語読んでる。

    # 同日追記
    試しに import re 無しでやってみたところ普通に起動できちまった。参考にしたフォーラムで「pygameのexecutableうまくいかないよー」「import re つけてみたら」みたいな記事があったのでとりあえずでつけておいたんだが、今回の場合は必要なかったようだ。


    | 緑色 | プログラミング | comments(0) |
    | カテゴリ:- |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + みろりHP内検索
    + 閲覧記事
    + 過去記事アーカイブ
    + カテゴリ
    + 年月選択
  • 2017年 11月 (7)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2006年 01月 (20)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…