みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< 福永武彦『草の花』 | main | ドストエフスキー『地下室の手記』 >>
| カテゴリ:感想文 |
神林長平『魂の駆動体』



これはガキのころ一回読んだことがあったんだけどほとんど話は忘れちまってた。でもとっても面白かった記憶があったんで、ずっと再読したかったのだ。サマリと感想を書く。



老人ホームのジイちゃんが、友人に手伝ってもらってオリジナルのクルマ設計を始める。ジイちゃんはクルマを運転し、自分の体の一部のように動かすのが本当に好きだったのだが、現代ではクルマはすべて、道路の一部、運転する必要もなく自動で走る文字通り自動車となってしまった。そこで自分で理想のクルマを、自分だけのクルマを作ってみたい、と始めるわけである。エンジンを決め、サスペンションとかスタイルとか…えーと俺にはよくわからない技術的なことをふたりでいろいろ考えて、いよいよ設計図が完成する。実際に作れるかどうかはともかく、とりあえず紙に印刷しないとな、とふたりはそれを大きな紙に印刷する。
…と、その紙が遥か未来、人類が絶滅した世界で発掘された。その時代には翼人なる人々が自在に空を飛びまわっている。彼らは昔存在していた人間という種族を研究しており、人間ののこした遺跡を発掘しーの、人間型のアンドロイドを作りーのして人間の行動を調べようとしていた。ただアンドロイドとはいっても人間の知識が詰め込まれたただのロボットなので、なかなか研究もはかどらないでいたが…、発掘された設計図をみたアンドロイドに突如意識が芽生える。これは自分が作った設計図だというのである。アンドロイドはそのクルマをどうしても作らなければいけないと直感する。翼人たちも、人間と活動すれば研究も進むだろうとクルマ作りを手伝ってくれる。素人の作った設計図なのでいろいろとアラもあり、そこは翼人の技術者とアンドロイドの相談でモディファイしつつ、とうとうクルマは完成する。乗り込んだアンドロイドはぐんぐんとスピードを上げていく。そのとき彼は、まるでクルマと自分が一体化したような感覚を経験する。クルマはぶっとんでクラッシュした。アンドロイドは体は無事だったが、もう人間の意識は入っていなかった。
ふとジイちゃんが目覚めるとベッドの上で、どうも設計図を印刷している最中に脳梗塞らしき何かでぶっ倒れたそうだ。目が覚めて友人は喜んでくれて、話題は設計図になった。ぶっ倒れてたジイちゃんだが、なぜか設計図にアラがあるのがわかるのだった。



いやー、やっぱ楽しめたよ! 俺はどうも、恋愛要素のない話は楽しめる傾向にある気がしてきたぞ。なんだろうちょっと悲しい。

昔読んだことがあると書いたが、いろいろ記憶違いがあって面白かった。俺が覚えてる限りでは、こういう内容だった。「主人公が遺跡に足しげく通っている。へんな部品がたくさん見つかる。あっ、この車輪という部品をくみあわせたらなんか乗り物ができるんじゃないか? とがんばって自転車を作る。自転車を作ったらもっと改良できる気がしてきて、つぎは自動車を作り始める。できた。やった!」…う〜ん微妙に違う! まあ、俺はなにか機械的なものを人が技術的にいじってる話が好きなんだと思う。そういう部分の記憶が強いからね。

この本の俺にとっての魅力は、ジイちゃんたちの会話と、クルマ作りに関する技術的な描写だ。理性的で落ち着いた会話は俺のストライクゾーンどんぴしゃりだった。そして技術的描写、これだけのものを書くためにどんだけの調べ物が必要になるんだろう…。

そういえばジイちゃんが共感できることを言っていた。
  • なにもしない時間が耐えられないのだ。すべての時間を意味のある情報で埋めないと不安になる。空白の時間は消去して、限りある自己という器の内部を最適化し、いつも効率よく情報をコンパクトに納めておかなくては気がすまない。(原文ママではない)
これは俺のコンプレックスのひとつだ。「今日なんにもしてねーな」って思うことが精神にダメージを与える。親愛なるルームメイト連中なんかは、よくぼーっと寝てる。俺にはできないことだ。生真面目っていうのかね。だから不良に憧れる。いや連中が不良ってわけじゃないんだけど…。連中は死んだ魚の目をした死んだ魚だ。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:- |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 11月 (7)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2006年 01月 (20)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…