みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< Python DialogFrame0.2 対話劇作成ツール | main | 山の日の金華山登り >>
| カテゴリ:感想文 |
フランク・ゴーブル『マズローの心理学』



親愛なるルームメイトとの会話で、ちらっと「マズローの欲求階層」の話が出た。そんなわけで次の読書に選んでみた。気になったとこと感想を書く。この本、めっちゃホメられてると感じる部分があって気分よかった。



マズローさんの心理学説は第三勢力と呼ばれてる。ほかの二勢力ってのはシグムント・フロイトとジョン・ワトソン。
フロイトの考えでは、人間の中では本能と道徳がつねにバトっており、そのバトルの勢いにやられちまう奴が精神の患者である。本能のほうをうまく抑圧、あるいは方向転換することを学習すれば精神障害を克服できるって寸法だ(なおここで言う本能のことをイド、道徳のことを超自我、イドを御する学習のことを昇華と呼ぶ)。ワトソンたちは行動主義者という。人間も所詮はひとつの動物であり、本能だの道徳だのは結局行動に帰結するって感じ。「人格とは習慣の体系の最終産物に過ぎない」って言葉に象徴される。
二勢力は人間の積極的側面を無視し、人間の本能や動物的側面を悪として扱い、それを制することに焦点を当てていた。また、人間を客観的に観察するばかりで主観的な方法は取らなかった。マズローはそれらの真逆の方法をとっており、第三勢力と称されることになった。

そんでマズローがとった研究方法はというと、めっちゃステキな人間のことを研究し、そういう連中の特徴から精神的健康になる方法を割り出そうっていうものであった。そのめっちゃステキな人間のことは「自己実現した人間」とか「完全な人間性」という。自己実現した人間の特徴は以下である。
  • 世界を、自分が望むようなものとしてではなく、あるがままの姿で見る能力がある。自分の期待や願望によって自分の見解を曲げることがない。
  • 混乱した現実を、より速く正確に見極める能力がある。ゆえに決断力に富む。
  • 重要とみなす仕事、課業、義務に専念する。そのため、仕事と遊びの区別は曖昧になっている。
  • 抑制的ではなく、自分の感情や思考を偽ったり不自然な役割を務めたりする必要を感じない。
  • 他人の批判や嘲笑を無視できる能力、自分を取り巻く文化に抵抗できる能力が高い。たとえ一般の意見と対立しても、自分自身の決断を下す。
  • 勇気があり、物事をあまり恐れないので、馬鹿げた誤ちを犯すことを決していとわない。
  • 善悪の対立に興味が無く、つねにすぐれた価値のみを選び好む。善悪の二分法は自分に満足していない平均人にだけ見られる。
  • 自分自身への健康な敬意、つまり自分は有能かつ適任であるという、知識に基づいた敬意を持っている。
  • 他人に依存することが少ないので、他人に対して不安、敵意を抱いたり、他人の賞賛や情愛を求めることも少ない。
  • 他人に対して卑劣でケチなことはまずありえない。他人の長所をほめ、欠点は無視できる。
  • 平均人は欠乏によって動機づけられているのに対し、彼らは自己の可能性と能力を完全に発達させ実現したいという欲求によって動機づけられている。

人間はつねに何かを欲求している欠乏動物であり、何か基本的な欲求が満たされれば、高次の欲求を満たそうとする。欲求は階層構造をつくり、もっとも低次の「生理的欲求、安全の欲求」という基本的欲求の上に「愛、集団所属の欲求」、「自尊心、尊敬の欲求」が重なり、さらにその高次に成長欲求が並ぶ。もっとも高次に自己実現が存在する。とくにもっとも低次の基本的欲求は重要で、これが満たされない人間は精神病理的な兆候を示すようになる。 まあつまり、この階層を下からキチンと満たしていけば、いつのまにか精神的にちょー健康的な自己実現した人間になってるってわけだ。なおこの欲求階層ってのは別に、下層が100%満たされないと高次に進めないってわけではない。

逆に、かなり自由なアメリカ社会においてさえも自己実現する人間が少数である理由が以下。
  • 成長への人間の本能はじつは弱い。
  • フロイトや多くのクリスチャン理論化のせいで、人間の本能は悪いもので、それを制御し否定する動機を、肯定する動機よりも強調する文化を我々はもっている。
  • 大人たちは、自身の能力や可能性がより大きくなることを疑い、恐れる傾向をもつ。それはヨナコンプレックスという。
  • 自己実現する人間は平均人よりも柔軟で新しい考えや経験に対して開放的であるが、逆に習慣は成長の阻害である。ほとんどの人々は習慣を保ち続けようとする強い傾向を現す。



みどりんのことじゃん! なんだー、言ってくれたら俺のことも観察してくれてよかったのに、マズローさん! 欲求階層のことはもとから知ってたけれど、それが自己実現した連中を観察して発見されたものだってことは初知りだったね。悪いところを治していこうってんじゃなくて、もともと完璧な連中を目指せば根治になるじゃん! っていう方向性は俺の好みでもあり、読みやすかったよ。やっぱ下じゃなくて上をみないとね、空のさらに向こうらへんをね。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:- |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…