みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
<< アコギ Taxi『No Smoking』 | main | アコギ B'z『いつかのメリークリスマス』 >>
| カテゴリ:感想文 |
柳田國男、京極夏彦『遠野物語remix』



柳田國男さんが1910年に発表した『遠野物語』を、京極夏彦さんが現代語訳 + 章の順番をテーマごとに入れ替えたりして読みやすくしてくれたものみたい。サマリと感想を書く。



遠野郷出身の佐々木さんが話す、故郷のお話。それがなんとも面白かったんで、柳田さんがそれを書き留めたのが『遠野物語』だ。遠野郷ってのは、附馬牛、土淵、松崎、青崎、上郷、小友、綾織、鱒沢、宮森、達曽部の10村からなる風光明媚なところではあるんだけど、聞くだになんともヤッバイところみたいだ。たとえば……
  • 山には基本的に山人っていう連中が棲んでる。やたらデカい人形の謎クリーチャーどもで、毎年大勢の女子供が連中に攫われる。
  • あと遠野郷の河川には河童がたくさん居る。普通河童は緑色なんだが、遠野郷の河童は真っ赤だそう。河童は人を孕ませる。そうして生まれた子供には水かきがついていたりするので、みんなで叩き殺す。
  • 有名な妖怪である経立(ふったち)もたくさんいるようだ。とくに六角牛山には「六角牛の猿の経立が来るぞ」という脅し文句が存在するほど多く、人に石とか投げてくるんで大変みたい。まあ猿ならその程度だけど狼の経立とかは結構ヤバくて人々に恐れられている。
  • お化けとか幽霊、死者の起き上がりはめっちゃ出現する。まあ一部は狐の仕業らしいが。
  • 天狗森ってとこにはその名の通り天狗がいる。顔が赤い連中で、ちょっかいを出すと数日後手足を引き抜かれてぶっ殺されてしまう。
  • 山神っていう連中もいて、こいつらも顔が赤い。
  • ヤマハハと呼ばれる山姥みたいなものもいたらしく、よく娘を追い回して食ってたようだ。だけどヤマハハについては「昔々」で始まり「コレデドンドハレ(めでたしめでたし)」で終わるお伽噺の類らしいから安心だな! いやまて、それ以外はいんのかよ。
魔境かよ。バケモンだけじゃなく人々に祀られている神様もたくさんいる。座敷童衆はもちろん、旧家に祀られているオクナイサマとか、獅子舞みたいなゴンゲサマ、子供と遊ぶのが好きなカクラサマ、男性器を模した像で祀られるコンセサマ(なんだそれ)、娘とまぐわった馬が怒り狂った親父さんに首を切られたあと娘を連れて天に登り神となったオシラサマ(なんだそれ!)などなど。
そしてキメ台詞。願わくはこれを語りて、平地人を戦慄せしめよ!





いやあ読みやすかった。巻末にオリジナルの『遠野物語』も載せてくれてるんだけど、うん、まあ、100年という月日を感じさせる読みづらさだったぜ。やっぱし文学作品ってのは50年周期くらいで現代語訳をすべきだよな。今回とっても楽しめたから、余計にそう思うぜ。しかも今回は、章の順番を入れ替え世界に浸りやすく編纂してくれてたんでナイスな現代語訳だと感じた。山中の郷の説話集だから、なんか望郷的な気分になれてよかった。故郷が遠野と似た諏訪の山中だからなおさらな。諏訪にはバケモンはいなかったけど。

あんまりバケモンバケモンした話ではないんだけれど、三人の女神姉妹がそれぞれ宿っているという、早池峰山、六角牛山、石神山の話が結構好きだった。これらは遠野郷を囲む山々だから、遠野郷は神に囲まれた土地でもあったって話。これらは現代もふつーに存在する山々なんで、なにかの折に訪れることがあれば思い返すことにしようぜ。

なお東方好きの俺としては『遠野物語』といわれて浮かぶのが『遠野幻想物語』だったりするのだが、ちゃんとマヨヒガに関する話も含まれていたぜ。山中にある不思議な家マヨイガ。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:- |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 11月 (7)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2006年 01月 (20)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…