みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
| カテゴリ:感想文 |
貴志祐介『悪の教典』



先回の『吾輩は猫である』が三週間もかかっちゃってくたびれたから、さくっと読めそうなのを選んだ。そしたらめちゃめちゃ楽しめて上下巻を二日で読めちまった。サマリと感想を書く。



蓮見さんはとっても合理的で理性的な奴で、ガキのころから頭がまわり、生活の中で出くわすあらゆる問題をざっくざっくと迅速に片付けることができる高校教師だった。
嫌な教師がいれば殺し、自分より人気の男子がいれば殺し、それが両親にバレたら殺し、仲良しの同級生がレイプされればレイプ犯を拷問して殺し、同僚に横領の濡れ衣をかぶせ、教え子が万引きをしたらすぐさま一緒に謝りにいってやり、毎朝カラスがうるさければ罠を作って殺し、職場の学校でカンニングが起きれば違法な方法で防ぎ、クラスのいじめっ子は精神的に追い詰めて退学にし、モンスターペアレントは殺し、性的欲求がわけば担任クラスの子と寝て、それが同僚にバレそうになったら退職させ、生徒にバレそうになったら土に埋め、それが女子にバレそうになったら屋上から落とし、それも他の女子にバレちゃったから首を折る。
と、かなりうまくやってきたんだがそのへんでさすがに担任クラスのみんなに疑いが広がりマズいことになりそうなんで、かつてないほど大胆な解決法……クラスまるまる皆殺し計画を立てる蓮見さん。如才なく濡れ衣をかぶせる奴も用意し、クラス40人+当直教師の皆殺しに見事成功する。駆けつけた警察にもボロを出さず受け答えし、なんなくクリアー。と思いきやさすがに見逃しがあり、ささいな証拠から犯行が露見しちまう。これは残念。だが冷静な蓮見さんはすぐさま「すべては神の指示だったんですよ…」と狂人の演技を始める。責任能力の欠如を根拠に死刑をまぬかれる手である。弁護士団が結成され、コトは目論見通り進むこととなった。
この成り行きに事件の全貌をしる人々は、もしも釈放なんてされちまったこのサイコ野郎絶対殺しにくるだろ…、と戦々恐々であった。



スゲー読みやすかった! 主人公が理性的で冷静な話っていうのはやっぱり読んでて気分がいい。例の緑セレクションにまた一冊加えることができてホクホクだ。セレクションインの感想文では毎度書いてることだけれど、主人公がブレないというのは語り部として本当に理想的だ。そういう連中は決断が速く、話をサクサク進めてくれる。

同セレクションの『異邦人』なんかでは主人公が処刑されちゃったわけで、すわ今回もハスミンが死んじまうんじゃないかとハラハラしたが、これは杞憂に終わり一安心だ。しかも、生徒サイドもハスミンサイドもどっちも勝ち、って思えるようなラストだったのには感服。

ストーリーについては、これは親愛なるルームメイトの同意も得たことだけれど、俺たちは基本的に「主人公の成長済物語」が好きなんだ。だからこういうストーリー展開は俺としては大歓迎。ただルームメイトはグロがダメなのでコレはムリかな。

ほんで見過ごせないのが、蓮見さんがたった二回だけ「ブレ」を見せるところ。憂実ちゃんを殺さんとするときと美彌ちゃんを殺すときだ。俺はこういうシーンに弱いんだよな〜。キュンときちまう。いや「ブレる人が好き」なのではなくて「ブレない人が、不意に自分のブレを自覚して戸惑う」姿が好きなんだよ。マジョリティに受け入れられづらいハスミンのような奴にとって、自分の内面を理解しつつも受け入れてくるような上記二人のような女性って、グラリときてしまうものなんだよな。美彌ちゃんの場合は「グラリ」のタイミングではまだハスミンの内面に気づいているとは言い難いが、事件生還後に受け入れているような描写がある。ハスミンは心理に精通している為そのことを感じ取っていたのだと理解すれば辻褄が合う。

問題解決の方法に殺害を選ぶことについては、俺は妥当だと思う。それがどんな問題にせよ、「ぶち殺してしまうのが一番いい」のだ。これは愛すべきマックス・デミアンと同意見。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:ゲーム |
フリーゲーム「END ROLL」



HPはここ(endroll)。大量殺人犯の少年が、警察にとっ捕まりハッピードリームなる強制更生ドラッグを投与されるが人の心をもたないこのクズ野郎は果たして更生なんかするのか!? ってお話。なかなか楽しませてもらって、一気にトゥルーエンドまでやっちまった。感想を書く。



  • 楽しめた要因としてはたぶん、矢継ぎ早に悪化していく夢世界に気持ちよく振り回されたことかな。このゲームは行動ごとの状況変化がめまぐるしいのが素敵だと思う。人間って、素早く動くものには自然と目を引かれてしまうもので、この世界観にも目を引かれっぱなしだった。って、そうか、一般的に、「テンポがいい」ものが好まれるのってそういう理由だったのか。
  • ラッセルくんは可愛らしく、そして何より過去の躊躇ない行動には好感をもったけれど、ストーリー進行につれて根幹がブレブレなので気に入りには勿論ならなかった。トゥルーエンドでの行いも含め、気にいる要素がない。ただキャラグラがとにかく可愛い。緑さんが面食いだったら危なかった。
  • 好きなキャラをあげるとすれば、しいて言えばカンテラさん。一見すればガーデニアやタバサが好感なんだが、戦闘性能もあってつねにPTにいてくれたカンテラさんが総合ではトップだ。けれど基本的に今回のキャラはみんな明るくて好印象だった。ダンジョンの休憩ポイントでは、なるたけ全員のコメントを聞いちゃったくらい。
  • RPG的戦闘要素についても印象がすごくいい。ストーリーの円滑な進行を妨げないどころか、ラッセルくんの戦闘スキルがそのままラッセルくんのキャラ描写になっていたり、敵キャラが世界観の一部を成していたりと無駄がない。そして万が一にも進行を阻害しないよう、キャラ強化システムが別荘に用意してある。ストーリーこそを楽しんでくれ! という感じが伝わってきた。グッド。
  • 印象深い戦闘は「淫猥者」。あの敵グラフィック、ちょっと完璧すぎ。不気味すぎて、ぴったりすぎて、感動した。そこでラッセルくんの「殺意」を撃ったらシチュエーションが完全に完成してもう最高。凄まじい戦闘だった。
  • 装備やアイテムを買うためのお金も入手が楽で、難易度の重圧はゼロに近い。「ちょっと金策が必要かな…?」ってくらいのタイミングで釣りシステムが現れ、好きなだけ金策をさせてくれる。同時に釣果でキャラ強化ができる。システムのすべてがプレイヤーをエンドロールに運んでくれている。すごいよ。
  • かといって戦闘にも手抜かりがなくって、攻撃モーションドットはあるわ、キャラの必殺技ではカットインが入るわで天晴だ。
  • ただひとつ思い通りにいかなかったのが、パートナー選びだよな、やっぱ。俺は話の流れ的にあのパートナー選びでは、これまで出番のなかった警察のおねーさんを選んだんだけど、それがそのままエンディングパートナーになってしまうとは。そこはちょっと腰を折られた感がある。まあ一応、情報屋さんがその展開は仄めかしていたから、フェアっちゃフェアだと思うぜ。現にその成り行きは若干予想できたゆえ、そこだけはセーブを分けた訳だし。例によってエンドコンプはしないけどね。



そんなわけでとてもよかったよ。残念ながら「コイツは!」というキャラもいなかったし、最後の方で共感できなくなっちゃった主人公でもあることだしフェーバリットとまではいかないのだけど、作りの緻密なゲームだったと感じたね。


最高に和んだシーン。


| 緑色 | ゲーム | comments(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 02月 (9)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…