みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
| カテゴリ:みろりHP |
2018年総集編



今年はずっと、親愛なるルームメイトたちと宅飲みしてた気がするな。




★2018年アーカイブ★

ゲーム
★ゲームアーカイブ★
3本しか遊んでいない……だと? 全然ゲームしてないじゃん。一体何をしていたんだ、今年は? フリーゲームをひとつも遊んでいないのは初なんじゃねーかな。
ダークソウルも Stardew Valley も楽しめたよ。DQ11も楽しめているから、クリアできそうだ。

読書
★感想文アーカイブ★
9冊か。読書の習慣は完全になくなったと言ってよいな。だけどそれでいいんだ。やりたいときにやればそれでいいのさ。親愛なるルームメイトと、野宿旅がそう教えてくれた。
印象深いのは、かつて住んでいた町が舞台になっている宮沢章夫『不在』と、野宿旅の最中に読んだ村上春樹『騎士団長殺し』かな。どちらも隠喩に満ちた作品だ。比喩とはそもそも、現実にあるものを他の何かで表現する技術だ。だけどあまりにも隠喩にみちみちたこれらの作品はぼくらに、そもそも現実が何かの比喩なんじゃないかと思わせる。その感覚が好きなんだよねー。

プログラミング
★プログラミングアーカイブ★
こちらの記事も読書とおなじくだいぶ数が減ったようだ。いくつかのプログラミング問題と、iOSアプリ制作だけ。でも実は裏では結構みろりHP引っ越しの作業を結構やっているんだ。

みろりHP引っ越しプロジェクト
これがむつかしくてさー! いまはブログ記事をHTMLで書いて、それをポチッと投稿するだけだ。だけど引っ越しをしようと思うと、サーバを用意とか、ウェブフレームワークとか、ブログのデザインとか、独自ドメイン取得とかが必要だ。
もっとよいブログサービスを探してこれまで通りちゃちゃっと投稿することもできる。だけどいつかはサーバとか自分自身でいじってみたかったし、よい機会かなと。でもマジでよくわからんので時間かかりそう……。
また、ウェブフレームワークとかイチからやらなくても有名なブログフレームワーク WordPress を使えばもっとサクッとできるかもしれない。でも WordPress は Python ではなくて PHP だからさあ。Python 好きだから、今回は Django を使うことを考えている。
いろいろ引っ越しに際して学んだノートは書き溜めているので、めどがついたらアップしていくつもり。

アコギ
★アコギアーカイブ★
はいやってません。今年の初頭にすこしむつかしいアルペジオをやって以来やっていない。
まあ、やりたいときにやればいいのさ。たまーに宅飲みのとき、親愛なるルームメイトに弾き語りをきいてもらったりはしている。

運動
野宿旅にでるときジム通いをヤメた。増えた筋肉と体重は、もとに戻った(体重5キロ増えた体重5キロ減った)。ジム通いには結構満足している。やろうと思えばいくらでもトレーニングを継続できるということがわかった。
それと同時にわかったのが、ぼくは身体の悲鳴を無視しがちだということだ。ぼくはトレーニングをいくらでも継続できる。今日は行くのサボっちゃおうかなーとか、まったく思わないことができる。そうしてジムに通っているあいだ、めちゃめちゃ風邪ひいたんだよ。
ジムやめたらまったく調子を崩さなくなった。おそらくぼくは、身体の不調を無視してトレーニングをしていたのだろう。
トレーニングとは痛みに耐える遊びだ。だけれどより適切にいえば、痛みに適切に耐える遊びなのだろう。ぼくにはその加減がわからないみたいだ。ジム通いに向いていると同時に、ジム通いに向いていない。もうヤメとこう。
でも楽しいんだよなージム!!

野宿旅
野宿旅を一ヶ月おこなった。それで主に思ったことは、ぼくはもう旅を必要としていない、ということだったわけで、それはもう記事に書いた。
ただもうひとつ考えたことがある。ぼくは一度にいろんなことをやるのに向いていないということだ。これまでぼくは毎日たくさんの趣味を行っていた。ゲームして、ギターを弾き、読書して、プログラミングして、料理をして、ジムでウェイトを上げていた。ツライけど、ツラさは無視した。そりゃ当然ツライけど、ツラさに耐えなきゃどこへも行けはしないだろうと思った。だけど向いてない。ってことは、どこかへ行くのが向いてないってことなのさ。そんなふうに、気楽に思うようになった。
きっとそういうわけで、今年はゲームが減り、読書が減り、プログラミングが減り、アコギが減ったのだろうと思う。

そのほか
★みろりHPアーカイブ★
ウェルに教えてもらった、ナポリの男たちの動画をよく観てる。グループ実況も楽しいし、個人実況では蘭たんも笑わせてくれるがshu3がすごい。お気に入り。ゼノギのやべー奴。
お絵かきはあんまりしていないけれど、先日レーザー加工で遊ぶ機会を得たときにすこしかいたな。あれは楽しめた。



今年も、自分で考えて、自分の脚で歩き、変化をおそれない例年通りの年となった。来年も同じように非の打ち所のない年となるだろう。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:マビノギ日記 |
八年後のマテ帰省(L)



またもちょろっとマビにインしてみた。今回は身内ネタが多いぞ。



いやマジでびっくりしたぜ、まさかふっかいちょに会えるとはな。説明しよう、ふっかいちょとは、我々のもっとも古いフレンドのひとりで、だいたいいつもぼーっとしているろくでなしである。

説明しよう、めんちゃんとは、我々のもっとも古いフレンドのひとりで、だいたいいつもぼーっとしているろくでなしである。

旧友同士でしかできない思い出話に花を咲かせつつ、ぼくらは各地をうろつく。



ほんとそれに尽きる。



MATE に帰省した。

ウェルに会えたのを契機にして、ふたりで MATE に戻った。説明しよう、MATE とは「いつでも冗談を言う奴だけを集める」をコンセプトにスカウト制で活動していたテンションの高いギルドで、人間関係のもつれによってメンバーが散開したものの渦中の人物は何も知らなかったというろくでもないギルドである。だけれど、ぼくらのホームだ。

ウェルと久々にインすると、新しく実装されたマップをまわってスクショ映えのするスポットを探すのが恒例だ。

今回はわけのわからん顔をみつけたぜ。しかし、頭上に MATE の文字があるこの感じ、不思議としっくりくるぜ。そうそう。こんなんだったなあ、って感じだ。

説明しよう、ウェルとは、放浪中に出会った長い友人で、マビ婚もしたことがないのに、ずっとつるんでいる緑色の相棒だ。だがまあ話の流れもあるのでむりやり言っておくけれど、ろくでなしである。

そして今日も人里離れた辺鄙なスポットで
うろつき疲れてすやすやと眠るのであった。


| 緑色 | マビノギ日記 | comments(2) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ 年月選択
  • 2019年 01月 (2)
  • 2018年 12月 (6)
  • 2018年 11月 (6)
  • 2018年 10月 (3)
  • 2018年 09月 (8)
  • 2018年 08月 (4)
  • 2018年 07月 (6)
  • 2018年 06月 (5)
  • 2018年 05月 (4)
  • 2018年 04月 (7)
  • 2018年 03月 (6)
  • 2018年 02月 (6)
  • 2018年 01月 (8)
  • 2017年 12月 (9)
  • 2017年 11月 (9)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (10)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2007年 03月 (1)
  • 2006年 01月 (21)
  • + カテゴリ
    + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…