みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
| カテゴリ:みろりHP |
MMORPとは俺にとって何だったのか



MMORPとは俺にとって何だったのか - なし perfect Unavailable
昔なじみのオリバがこんな表題でものを書いており、ちょっといいなと思える内容だった。あいつは昔から素敵な文章をつくる。なんか雰囲気がいいんだよな。触発されて俺も書く。ネットゲームのどんなところに惹かれたのか、およびソシャゲにも話を広げていたのでそのへんにも触れつつ。



俺にとってMMORPGとは何だったのか。

初めてのMMORPGはマビノギだ。10代だった。さすがに10歳ではない。きっかけはドットハックというゲームだ。当時俺はとっくに実家を離れ知り合いと同居していた。ドットハックにはゲーム内ゲームとしてネットゲームが登場する。初めてネットゲームという存在を知った。というか、ネットに触れ始めたの自体がその頃だ。俺は自分じゃコンピュータもケータイも持っていなかったからな。そのPCは知り合いのものだった。ゲーム内で人と話すのはかなりおっかなびっくりだった。前述のとおりPCは借り物だったので四六時中やりこむことはできなかったが、俺はたしかに初っ端からあの世界にハマっていたと思う。

どんなところに惹かれたのかっていうと。そりゃあマビノギが非常にナイスなゲームだったから。バランスもよくてオープンワールドで、さらにチャットもできるナイスなゲームだったからだ。まあチャットが楽しかったのは間違いない。でもそれは人恋しさとか、友達が欲しいとか、そういうのじゃなかった。チャットってものが面白かったんだ。なにせ初めてのネットだったんだぜ。すべてが目新しかった。そんなんのめり込むに決まっている。

人生でもっともハマったゲームがネトゲだったというのは、かなり利になることだったと思う。その御蔭で俺はネットの世界を知り、ネットリテラシーを理解し、ぱそこんについて人並みの知識を自然に得られた。ブラインドタッチもできるようになった! 何かを勉強したいときは、楽しくゲームでもしながらやるのが一番身につくだろう? その好例といえる。多くの連中がネトゲでリアルを崩壊させるが、俺についてはそれもなかった。いやぶっちゃけ周囲からみれば崩壊してたかもしんないけれど。だけどもともと社会の正規のレールは外れていたもんな。「両親に寄生」みたいなことは環境的にそもそも不可能だったし、成績等もべつに下がらなかった。逃げる現実もない。ゲームは現実の一部だ。分けて考えたことなどない。

あ、もちろん、リアルとネットを分ける考え方は理解している。俺があまり両者を分けて扱わないというだけだ。リアルでもネットでも性格は変わらないし、ネットだからって暴言を吐くこともない。俺がネットで暴言を吐いていたら、リアルでもおんなじこと言ってると思ってくれたまえ。ネットではリアルの立場を明かさないマイルールを持ってはいるけれど、いやあそれは、ネットはせっかく顔が見えないんだから、そこを楽しまない手はないと思うからだ。ほら、年上だとついつい敬語使っちゃったりするじゃん? それがないから楽しいみたいな感じ。

……というようなネット特有の人付き合いの楽しさをゲーム内で楽しめるというのが、俺が思うネトゲの良さだろうか。上述したようにネットやPCに慣れ親しめるというのもあるだろう。可愛い子にはネトゲをさせろ。

マビノギは本当に楽しめたぜ。イヤな奴とのけなしあい、晒しスレ、粘着、普通のケンカ、ムカついてマウスを投げたこと、色々あったが今思えばすべてネットリテラシーの教科書みたいなもんだったよな。晒しスレに一度載ったときは興奮したものだ。自然に鎮火してしまったのは残念だった。そしてギルドの仲間たち、PvPクラブ、マゾいスキルトレーニング、たまり場での談笑、そういったものを楽しめるゲームは他にない。MMORPGをやっていて楽しかったことを思い出そうとすると、どうしても他プレイヤーたちのことが浮かんでくる。ソロでダンジョンへ潜りまくっていたこともあるが、周回を終えてたまり場に戻り、「たでーま」「おけーり」と言い合う楽しさがあってこそだったろう。エリンは故郷のひとつのように感じている。ネットで現在付き合いのある仲良しの連中はほとんどが「同郷の出」だ。なんとなく嬉しい。オリバが帰りたいという言葉を使っていたが、俺にとってもエリンは帰る場所だ。ニュアンスが違うかな?

ただ俺はMMORPGにハマっていたわけじゃあない。マビノギにハマっていただけだ。現にマビノギを引退したあと他のMMORPGを始めても、すぐにヤメちまった。マビノギを引退したのはアカウントハックのせいだ。俺はゲーム内でリアルマネーを稼いで、それをゲームプレイのために運用していた。(MOMでネクポを稼いでFLCを賄っていたってことね。)アカウントハックを受けてそれが滞っちまったのが引退の因だ。そんなもん課金すりゃいい話だが、俺はしなかった。

ネトゲを今後やる予定はない。ソシャゲもやらない。ネトゲは心底楽しかったけれども、くたびれるところもあった。運営の匙加減ひとつで環境ががらりと変わっちまい、それに振り回されることとかね。そういうのはもういい。それに時間をとられるからなあ。最近は趣味が多いから、ひとつの趣味に没頭することはしない。エリンに帰りたいという気持ちは確かにあるが、エリンは「あのころ」だから楽しかったのだ。あのころには戻れない。だから今を「あのころに戻りたい」と思えるような今にするのだ。

この記事を書いて、俺にとってMMORPGとは何だったのかわかったってものだ。過ぎ去った輝かしい思い出。


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
| カテゴリ:プログラミング |
Python pygameをMacで使うのはヤメとこうぜ



いやな? 俺が心血を注いで組んだpygameアプリがMacでは動かなかったのだよ。特に咬まれた以下二点について書く。
  • mp3を読み込んでくれねー( pygame.error: Unrecognized music format )
  • キーボード入力を受け付けてくれねー



mp3を読み込んでくれねー
oggに変換しようぜ。俺にはよくわかんないんだけれど、なんでも SDL_mixer(?) だの SMPEG(?) だのをbrewすれば使えるよ? みたいな情報があったんだけど、うまくいかなかったよ。だからoggに変換しようぜ。ひとまずMacフリーソフトで探したところ Video Converter Master Lite というアプリがよい感じだった。ちょっとmp3->oggのボタンが探しづらかったけれどちゃんとあるぜ。

キーボード入力を受け付けてくれねー
諦めようぜ。とりあえず状況から説明するとだな……、Mac上でpygameウィンドウのアプリを起動すると、そのウィンドウアプリが独立した新しいアプリケーションとして認められないみたいなんだよ。すると、そのpygameアプリが独立してキーボード入力を受け取ってくれない。Sublime Textで起動すればSublime上でキー入力したことになっちゃうし、ターミナルで起動すればターミナルでキー入力したことになっちゃう。ただしマウスイベントは受け付けてくれる。これはわからん諦めようぜ。Windows上では依然として動くので、それでお茶を濁す感じでひとつ。ゆえに「DialogFrame」らへんの自作アプリはWindows専用ってことになる。



本題は以上なんだけど。「これまでのゲームってMacでも動くのかな調査」にともなって自作ゲームであるところの「一石二鳥」をちょいと普通にプレイして自己レビューしてみた。なお「一石二鳥」は上述したような厄介な問題はなしできちんと動いたぜ。細かいことを言えばWindowsとMacのデリミタ違いを直す必要があったケド。
  • クリアはできた。
    • <SYSTEM>クリアおめでとうございます。あなたのスコアは 9670 でした。
  • ちとスタートが切りづらいなコレは。弾薬とお金は最初からもっとあっていい。
  • ベースキャンプでの弾薬補給は1個じゃなくて5個くらいでもいいんじゃね。商人にたどり着くまでは補給と石拾いを繰り返すことになるが、それはテンポが悪い。
  • 害獣との戦闘後は石ドロップがあってもいいと思う。ご褒美ナシだと戦闘が面倒なだけだ。
  • コレクションブックの点数最大値とか、トロフィーの取得条件は可視でもいいと思う。

典型的な「素人の作るゲームは難易度が高くなりがち説」に引っかかってしまったようだな。そう考えてみるとマゾゲーってのはすげーよな。難易度を上げつつ楽しめるようにデザインされてんだから。ギターといい歌といい絵といいゲームといい、自分で一度やってみると先行物のスゴさがわかっちまうよなあ。


| 緑色 | プログラミング | comments(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ カテゴリ
+ 年月選択
  • 2017年 05月 (6)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (9)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2009年 04月 (1)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…