みろりHP


緑色さんの多目的ブログ
みろりえいちぴー
ごゆるりとおくつろぎあさーせ。
| カテゴリ:感想文 |
ジョージ・オーウェル『一九八四年』



親愛なるルームメイトに貸してもらって読んだ。

サマリと感想を書く。



党首ビッグブラザーが統治する国オセアニアが舞台。物理的にも精神的にも完全に監視された社会で、国中に監視画面のテレスクリーンと盗聴器が据えられ、不満や疑問を表情に出しただけでそれは犯罪行為となり思考警察に逮捕される。ニュースピークという新しい言語を公用語としている。それは思考の範囲を狭め、過去の言葉をオールドスピークとして破壊する。
そして党にとって不都合な過去は徹底的に改竄している。もうすぐ四十路のウィンストンはその仕事に携わっている。しかし実際はこの監視社会にうんざりしており、いつかブラザー同盟のような国家転覆をもくろむ地下組織がクーデターで党を討つことを望んでいる。

あるとき同じく党に勤める女性ジュリアがウィンストンに告白してくる。彼女は一見すると党とビッグブラザーの熱烈な支持者だが、実際は党が堕落とするものを愛している。ウィンストンが同じ種類の人間であることを目の光で理解したのだ。すげえ。
ふたりは古道具屋の2階にこさえたテレスクリーンのない隠れ家で逢瀬をかさねる。いつしか労働者階級プロールに身をやつして、整形して一生ともに過ごすことを夢見ていたが、ふたりはそれが不可能であることがわかっていた。党の監視は行き届いているので、必ずいつか捕まるのだ。
だが吉報がやってくる。党の有力者オブライエンが、ブラザー同盟であることを明かし、ふたりを勧誘してきたのだ。ふたりは党の弱体化につながることなら何でも行うと宣言し勧誘にのる。

だがじきに隠れ家が思考警察に取り囲まれる。そこで隠れ家を提供してくれた古道具屋チャリントンも実は思考警察で、隠れ家にもしっかりとテレスクリーンが隠されていたことを知る。というかオブライエンもホントはブラザー同盟なんかじゃなくて、7年も前からウィンストンに目をつけて見張っていたのだ。
とっ捕まった彼らは監獄に入れられ、拷問を受ける。打擲され、殴られるのが果てしなく続く。12時間続く尋問と屈辱感を与える仕打ちで神経が参り、完膚なきまでにウィンストンを叩き潰す。ジュリアのことを含め彼は何もかも白状しつくす。

だけれどウィンストンはジュリアへの愛を失っておらず、心の中で彼女を裏切ることはなかった。そして心だけは党が支配することができない唯一のものなのだ。

そんなウィンストンをオブライエンは治療しようとする。党が言うことならば4本出された指を5本だと思うように、拷問によってしむける。ウィンストンは「見たものを認識することは意識的作用ではないのだからコントロールなど不可能」と主張する。だがオブライエンは「現実は人間の精神のなかにある。個人ではなく個人の代表である党の精神の中にある」と主張、ゆえに党の言うことはすべて正になると言うのだ。知性にまさるオブライエンをウィンストンはどうしても論破することはできない。それでも彼は自分のほうが道徳的に優越していると確信していた。

しかしウィンストンがこの世でもっとも恐怖しているネズミを使った拷問を受けるとき、ウィンストンはついに「自分でなくジュリアにしてくれ!」と言ってしまう。そのとき彼は自分が確かに、心の底からジュリアを差し出し裏切ったことを自覚してしまう。

すべてをへし折られたウィンストンは釈放され、党の閑職についていた。どうせ嘘っぱちである自軍勝利の放映を聞いたとき、彼は心から歓声をあげ、ビッグブラザーを愛していた。そのときになり、彼はとうとう銃殺されるのだった。



犯罪について
こんな内容の本が一般に受け入れられるような社会文化なのに、犯罪と名のつくものにならなんでも唾を吐きかけるような連中がいるのは意味不明だ。この話って、犯罪なんてものが為政者の都合で作られた一時的なものに過ぎないことを強く主張するものだろうに。

全体主義について
党は客観性というものを排除し、たったひとつの主観をすべての人々に適用し、そうしてできた完璧な世界で、未来永劫ディストピアを存続させるのが目的だ。他人に文句を言う人間全員を象徴している。他人に干渉するのは全体主義の特徴だ。出会った人間たちほとんどに当てはまる。非常に迷惑で、それのいきつくところがこの党だ。かえすがえす、自分たち自身を強烈に批判しているはずのこの本を彼らが受け入れているというのは意味不明だ。
まあ作中でオブライエンは自分たちを全体主義とは分かつてはいる。専制君主は「汝なすべからず」、全体主義は「汝なすべし」、そして党は「汝これなり」としている。だが汝さんに干渉してる時点で同様にカスだ。汝さんのことは放っておけ。

二重思考について
思考犯罪にあっという間にとっ捕まるようなことを言ってはいるけれど、党の推奨する二重思考という考え方はたいしたものだよな。二重思考とは相反する事実を同時に受け入れることをいう。ビッグブラザーが言うんなら「2+2=4」も「2+2=5」もなりうる。そして状況に応じて複数の概念を都合よく現実であることにすることだ。この考え方はむしろぼくが推奨する。てかぼくが普段からやっていることだ。そもそも人間に現実を認識することが不可能なのは、自明だ。感覚器官なんていう有機的なデバイスを利用して認識した現実などなんの信憑性もない。だけどそれだと日常生活に支障をきたす。だからぼくらは「そこにそれがあること」をひとまず前提にして生活している。都合に応じて現実を取捨選択しているのだ。そんなもん二重思考に他ならない。この弁だと誰もが二重思考して生きていることになるが、ぼくが推奨するのは、ぼくらの生活が二重思考に基づいていることを意識することだ。現実など実際はない。

ビッグブラザーを愛することについて
ウィンストンがエンディングで結局ビッグブラザーを愛しちゃったのは何でなのかなーと思ったんだけれど…。多分あれかな? 自分が拠り所にしていたもの(党といえど心は変えられない)が潰されてしまい、生きていく指針がなくなってしまったところに、強固に存在するビッグブラザーが目に飛び込んできて……しかも自分を打ちのめした、自分より強い存在……くらっといっちまったのかな。人生の苦境にある者……たとえば鬱病患者が鬱病を乗り越えるきっかけになったものにその後の人生依存するのと同じ構図。

印象的だったとこ
これは親愛なるルームメイトの同意を得たことなんだが。釈放されたウィンストンは3月に公園でジュリアと再会する。ふたりともお互いを決定的に裏切ったあとで、ジュリアの眼差し何かに対する軽蔑と嫌悪に満ちていた。並んで座っていても、以前のように触れ合う気など微塵も起きなかった。そのシーンの「すべてが台無しになってしまった感じ」が印象深い。


| 緑色 | 感想文 | comments(0) |
| カテゴリ:みろりHP |
冬の鍋



冬の旬野菜は白い野菜、と知人に教わった。カブとか白菜とかネギね。

旬野菜に栄養が詰まっているのはわかっているけれど、そればかり食べていていいのか? という疑問をぼくはずっともっていた。だって栄養が偏りそうじゃない? ってね。いいんだってさ。考えてみれば気候を無視した食材まで食べなければ健康が維持できないなんてこと、生物としてあるわけないよな。一物全体の考え方からいってもぼくの疑問は杞憂だったようだ。



それを聞いて安心したので、毎日鍋でネギと白菜をふんだんに摂っている。毎日つくるものが決まっているとラクでよい。

小さい鍋に野菜とお肉を積層させていく。水をちょっと入れる。蓋してそのまま弱火で熱する。

蒸されてこうなる。

醤油とかポン酢につけて適当にたべる。


野菜は新聞紙に巻いて袋にいれて、冷蔵庫にいれておく。



余談だけれど親愛なるルームメイトは肉を入れないらしい。「あったら食べるけど別にいらないな」とのこと。醤油も使わない。出汁の味で十分みたいだ。やだ、男らしい。なんか修行とかされている方ですか?


| 緑色 | みろりHP | comments(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ みろりHP内検索
+ 閲覧記事
+ 過去記事アーカイブ
+ 年月選択
  • 2018年 11月 (4)
  • 2018年 10月 (3)
  • 2018年 09月 (8)
  • 2018年 08月 (4)
  • 2018年 07月 (6)
  • 2018年 06月 (5)
  • 2018年 05月 (4)
  • 2018年 04月 (7)
  • 2018年 03月 (6)
  • 2018年 02月 (6)
  • 2018年 01月 (8)
  • 2017年 12月 (9)
  • 2017年 11月 (9)
  • 2017年 10月 (4)
  • 2017年 09月 (6)
  • 2017年 08月 (6)
  • 2017年 07月 (8)
  • 2017年 06月 (4)
  • 2017年 05月 (7)
  • 2017年 04月 (8)
  • 2017年 03月 (7)
  • 2017年 02月 (10)
  • 2017年 01月 (6)
  • 2016年 12月 (8)
  • 2016年 11月 (8)
  • 2016年 10月 (5)
  • 2016年 09月 (5)
  • 2016年 08月 (7)
  • 2016年 07月 (9)
  • 2016年 06月 (6)
  • 2016年 05月 (8)
  • 2016年 04月 (10)
  • 2016年 03月 (10)
  • 2016年 02月 (8)
  • 2016年 01月 (10)
  • 2015年 12月 (9)
  • 2015年 11月 (6)
  • 2015年 10月 (5)
  • 2015年 09月 (4)
  • 2015年 08月 (8)
  • 2015年 07月 (5)
  • 2015年 06月 (3)
  • 2015年 05月 (7)
  • 2015年 04月 (8)
  • 2015年 03月 (12)
  • 2015年 02月 (8)
  • 2015年 01月 (4)
  • 2014年 12月 (5)
  • 2014年 11月 (5)
  • 2014年 10月 (7)
  • 2014年 09月 (4)
  • 2014年 08月 (7)
  • 2014年 07月 (6)
  • 2014年 06月 (4)
  • 2014年 05月 (12)
  • 2014年 04月 (9)
  • 2014年 03月 (6)
  • 2014年 02月 (6)
  • 2014年 01月 (8)
  • 2013年 12月 (7)
  • 2013年 11月 (10)
  • 2013年 10月 (10)
  • 2013年 09月 (9)
  • 2013年 08月 (11)
  • 2013年 07月 (10)
  • 2013年 06月 (9)
  • 2013年 05月 (15)
  • 2013年 04月 (11)
  • 2013年 03月 (5)
  • 2013年 02月 (7)
  • 2013年 01月 (6)
  • 2012年 12月 (9)
  • 2012年 11月 (10)
  • 2012年 10月 (10)
  • 2012年 09月 (4)
  • 2012年 08月 (2)
  • 2012年 07月 (7)
  • 2012年 06月 (13)
  • 2012年 05月 (13)
  • 2012年 04月 (15)
  • 2012年 03月 (4)
  • 2012年 02月 (12)
  • 2012年 01月 (9)
  • 2011年 12月 (5)
  • 2011年 11月 (13)
  • 2011年 10月 (2)
  • 2011年 09月 (2)
  • 2011年 08月 (1)
  • 2011年 06月 (1)
  • 2011年 05月 (4)
  • 2011年 04月 (10)
  • 2011年 03月 (8)
  • 2011年 02月 (11)
  • 2011年 01月 (14)
  • 2010年 12月 (14)
  • 2010年 11月 (17)
  • 2010年 10月 (17)
  • 2010年 09月 (19)
  • 2010年 08月 (22)
  • 2010年 07月 (18)
  • 2010年 06月 (16)
  • 2010年 05月 (19)
  • 2010年 04月 (15)
  • 2010年 03月 (22)
  • 2010年 02月 (18)
  • 2010年 01月 (18)
  • 2009年 06月 (2)
  • 2007年 12月 (10)
  • 2007年 11月 (7)
  • 2007年 10月 (9)
  • 2007年 09月 (4)
  • 2007年 07月 (5)
  • 2007年 06月 (11)
  • 2007年 05月 (6)
  • 2007年 04月 (4)
  • 2006年 01月 (21)
  • + カテゴリ
    + ブックマーク
    + 最近のコメント
    + アクセスカウンター
    全体(since 2010.02.03.)
    今日… 昨日…